ランキングページへのリンク

EDについて知る

EDとは?

更新日:

EDは英語でErectile Dysfunction(勃起障害)の略です。

EDは「全く勃たない症状」と認識している人が多いですが、中折れだったり「なんだか勃ちが悪い」といった状態もEDに含まれます。

そして年代別に見るとEDに悩んでいる人は、

  • 40代の5人に1人
  • 50代の2.5人に1人
  • 60代の1.7人に1人

いるというデータがあります。

なのでもしご自身がEDだとしても確率的に言えば誰でも成りうるということになります。

EDについて紹介します。

EDは3種類に分類される

EDは大きく分けて3種類に分類されます。

  1. 器質性ED
  2. 心因性ED
  3. 混合性ED

1.器質性ED

器質性EDは血流や筋肉量、男性ホルモンなど、身体的な要素が原因のEDです。

基本的には50代以上のEDのほとんどが加齢による器質性EDです。

生活習慣の改善や栄養の摂取、筋トレなどで抜本的に改善していく必要があります。

2.心因性ED

心因性EDは、

「今日も勃たないかも・・・」

「勃たなかったらどうしよう・・・」

といった、心情から起こるEDです。

若年層のEDの場合は心因性であることが多く、妊活による妻からのプレッシャーでなる人もいます。

心因性EDは自分が何に不安を抱えているのかをまず知ることが大切です。

3.混合性ED

混合性EDは器質性EDと心因性EDが合わさったものです。

50代以上の器質性EDの人が、心因性EDにもなってしまうようなイメージですね。

両方の改善を根気よく行っていくしかありません。

EDの症状の例

EDには軽度のものから重度のものまでありますが、具体的には以下のような状態となります。

  • 性行為のとき、ここぞというときに勃起が得られない。
  • 勃起はするが、硬くない。また、勃起の持久力も弱い。
  • オナニーは硬くなるけど、妻とのセックスの時に硬くならない。
  • 特定の人(妻など)とのセックスだけ、勃たない。
  • 手で触ったり刺激がある時は勃起が維持できるが、そうでないと萎えてしまう。

あの頃のようにしっかり勃たないかもしれません。

しかし生活習慣を見直したり、適度な運動を取り入れることで多くのEDは改善することができます。

まずはご自身がどのような状態なのか知ることからスタートしましょう。

おすすめ

-EDについて知る

Copyright© Reload+ , 2018 All Rights Reserved.