ランキングページへのリンク

基本知識

精力剤ごとの副作用の種類とその症状

更新日:

精力剤に副作用はあるのか

精力剤を試そうとした時に、副作用があるかどうかについてはやはり気になるものです。
結論を先に言うと副作用がある精力剤もあれば、無い精力剤もあります。ものによるといったところですね。

精力剤には大きく分けて3つのタイプがあります

  • 強壮剤
  • 強精剤
  • 勃起薬

それぞれ効果や即効性が異なり、副作用の症状も異なります。

合わせて読みたい

 

副作用による症状の種類

強壮剤・強精剤・勃起薬、それぞれの精力剤についてどのような副作用が存在するのかを紹介します。

強壮剤の副作用

強壮剤には副作用は存在しません。
非常に安心して飲めるタイプの精力剤であるといえます。

ただし人によっては配合成分にアレルギーがあることもありますので、注意する必要はあります。
基本的にアレルギーがないという人はほとんど気にすることはないでしょう。

当サイトでおすすめしている精力剤も全て副作用のない安全なものです。

強精剤の副作用の症状

主に男性ホルモンを補う目的で使用される強精剤は医薬品指定されているものが多くいです。
基本的には医師の診断を受けた上で処方しましょう。

強精剤には以下のような副作用があります。

吐き気

吐き気とは胸の辺りがムカムカし、嘔吐が起こりそうな不快感が起きます。

悪心とも呼ばれます。

発熱

強精剤の摂取による血流の上昇が、発熱を引き起こすこともあります。

発疹

薬疹のようなもので、強精剤に含まれる成分にアレルギーがある場合に起こりやすいです。

多くの場合2回目以降の摂取で起こるといわれています。

肝機能障害

精力剤に限らず、薬の摂取によって起こる肝機能障害を薬物性肝障害と呼びます。

薬物性肝障害により、だるさや食欲不振、黄疸、かゆみなどの症状が出ることがあります。

男性ホルモン分泌量の低下

強精剤は男性ホルモンを補うために使用しますので、体の機能としての男性ホルモンを分泌する力は弱くなってしまいます。

例えると「コルセットをしてたら腹筋が弱くなってしまった」ようなイメージに近いでしょうか。
なので身体機能を高めるということはいつも念頭に置いた方が良いでしょう。

勃起薬の副作用の症状

勃起薬は勃起を促す目的で使用され、全てが医薬品指定されています。

あくまで一時的な勃起を目的として作られているので体質改善などの効果は期待できません。

火照り・目の充血

バイアグラなどの血管拡張作用により、火照ってきたり目が充血します。

バイアグラの場合は効き目が出てきた合図だともいわれていますので、ほとんどの方に出る症状のようです。

動悸

薬の作用により血圧が変化したり自律神経を刺激すると動悸が起こりやすくなります。

頭痛

血管拡張作用により頭痛も起こりやすい症状の一つとして考えられています。

バイアグラは11%、レビトラで6%の発症率といわれています。
血管拡張により神経が刺激されて起こる頭痛で、飲酒時に起こる頭痛と同じようなものです。

安全に摂取するなら断然「強壮剤」

精力剤といえばバイアグラと思っている人もいるかもしれません。
しかし、上記のように強精剤や勃起薬は医薬品である側面、副作用も多くあります。

ですので当サイトでは安全に使用できる「強壮剤」をおすすめしています。
強壮剤には勃起薬ほどの即効性はありませんが、定期的に摂取することで自然に精力をつけることができます。

強壮剤サプリメントのランキングをつけていますので、参考にしていただければ幸いです

おすすめ

-基本知識

Copyright© Reload+ , 2018 All Rights Reserved.