ランキングページへのリンク

基本知識

精力を食材で高めようとするのがイマイチな理由

更新日:

精力を増強させるには栄養をしっかり摂り、男性ホルモンをたくさん分泌させなければなりません。

しかし野菜をたくさん食べたところで精力が付く訳ではありません。

こちらの記事では精力と食材について紹介します。

まずは精力を高める成分が多い食材を知る

近年精力剤の原材料として主に使用されているものを紹介します。

  • クラチャイダム
  • マカ
  • トンカットアリ
  • 高麗人参
  • スッポン
  • 豚睾丸
  • ガラナ
  • にんにく
  • 牡蠣

馴染みのある食材はにんにくや牡蠣といったところでしょうか。

実はいわゆる一般家庭に出るような食材は精力剤に現在あまり使われていません。

クラチャイダム・トンカットアリは特に重要

上記の中でも特にクラチャイダム・トンカットアリは非常にレベルの高い精力剤の原材料とされています。

クラチャイダムにはマカの2倍のアルギニンが含まれています。

アルギニンは血液循環量を改善させ、EDを改善に導きます。
疲労回復の効果もあるので健康になるには欠かせない成分です。

また、トンカットアリには男性ホルモン(テストステロン)の分泌を直接促すような作用があります。

男性ホルモンの分泌が増えると男性機能を高め、性的興奮を増加し、EDの改善が期待できます。

 

これらの成分なくして、精力増強を望むなら医薬品に頼るくらいしか道はないでしょう。

しかし勃起薬や強精剤といった精力剤は副作用のあるものが多く、当サイトではおすすめしていません。

精力を高める食材は、日常的に一般的な家庭料理で摂れるものではない

紹介した原材料を見ればわかりますが、精力増強に必要な原材料というのは一般的に馴染みのないものばかりです。

にんにくや牡蠣ならまだ馴染みがありますが、日常的に食べるのは結構大変ですよね。

にんにくを毎日食べていたらただの臭いおっさんになってしまいます。

 

昔は精力剤といえばサソリだとかマムシといったイメージでしたが、それらには効果がないことは既にわかっています。

原材料に重要なのはまずアルギニンがしっかり摂れること、そして亜鉛といった男性ホルモンの分泌を促す成分が摂れることです。

そしてそれらを一般的な食材で満たすのはかなり厳しいということです。

つまり失ってしまった精力を増強するには「食材でどうにかしよう」という考え方はちょっともう古いということになります。

近年の精力剤に見える【レベルの高さ】

そもそも一般的な食材から精力増強の為の栄養を摂り続けるのは難しいですが、精力剤のレベルはどんどん向上しています。

クラチャイダムやトンカットアリをメインの原材料にしたものが増えていたり、妊活のために精液量を増やすことに特化した精力剤も存在します。

コンビニやドラッグストアにあるようなドリンクではなく、根本的に改善するために日々飲みやすいよう錠剤タイプになっているものが多いです。

そしてコストパフォーマンスも高いです。

食事では摂りにくい必要な栄養がぎっしり詰まったサプリメントが、大体1ヶ月あたり1万円以内で収まります。

食事をあれこれ考えて摂取するよりも、遥かに現実的と言えるでしょう。

すぐに改善するためには、生活習慣を整えつつ、精力剤を導入することが近道となります。

おすすめ

-基本知識

Copyright© Reload+ , 2018 All Rights Reserved.