【精力剤とは?】精力剤をはじめてお考えの方へ

生きていれば歳を取り、筋力は落ち、精力も無くなってきてしまいます。
特に40歳を超えたあたりから急激に体力が落ち、50歳を超えるころに精力に影響してきます。

現在精力剤をお考えの方もそのように勃起不全に悩み、解決策を探しているところでしょう。
こちらのページでは精力剤についての基本的な知識をご紹介いたします。

精力剤とは

精力剤には女性用のものもありますが、一般的には男性の性機能を増強させる目的で使用するものです。
精力剤とは医薬品、または健康食品の総称です。

精力剤は大きく分けると3種類に分類されます。

  • 強精剤
  • 強壮剤
  • 勃起薬

一つずつ詳しく見てみましょう。

強精剤

強精剤は男性ホルモンを補給することを目的とした精力剤です。
男性ホルモンの分泌を促すような成分が多く含まれていることが多いです。

男性ホルモンは老化の過程で減衰し、このことが勢力の低下に大きく干渉します。
強精剤を摂ることで男子更年期障害の改善にも役立ちますので、勃起障害が男性ホルモンの低下によることが原因の場合効果が高いです。

強い強精剤ほど副作用も強いとされています。
強精剤には以下のような副作用があります。

  • 発疹、発熱、吐き気、肝機能障害
  • 男性ホルモン分泌量の低下

強壮剤

強壮剤は男性が本来持つ身体の機能を高めるタイプの精力剤です。
身体の自然治癒力を高め、より活力を高めます。
単純に健康促進にも使用できると考えて良いでしょう。

漢方などの天然成分を原料にしているものが多く、副作用が存在しないのが非常に魅力的です。
精力の基盤作りに適した成分が多く含まれています。

強壮剤には副作用はあまりありません。
アレルギーがある方は気をつけていただければ十分です。

勃起薬

勃起薬は一時的に勃起を促す精力剤です。
勃起障害にお悩みの方は多く、即効性が欲しい時は勃起薬がおすすめです。

勃起薬は勃起にブレーキをかける自律神経の働きを改善し、勃起中枢に直接働きかけて勃起を促します。

勃起薬は非常に作用が強く、劇薬に指定されています。
副作用も存在するため常用は避け、ここぞという時に使うものという認識を持ちましょう。

勃起薬には以下のような副作用があります。

  • 頭痛、目の充血
  • 肝機能障害
  • 血圧低下

精力剤に期待できること

精力剤には様々なものがありますが、多くの精力剤には以下のような効果があります。

  • ED(勃起障害)の改善
  • 早漏の改善
  • 男性ホルモンの分泌を促す
  • 精液量の改善
  • 精力減退のの改善

どれも精力をより高めます。

ただし強精剤や勃起薬には副作用の強い精力剤もあります。
勃起薬は即効性がありますが、大事な時に勃たない場合だけ使うようにしましょう。

なので当サイトでは副作用が少なく比較的に安心して使用できる強壮剤をおすすめしています。
特に40代、50代くらいから精力の衰えを感じてきた方には強壮剤がおすすめです。

コンビニなどの安い精力剤はどうか

コンビニやドラッグストアで売っている精力剤はどうでしょう。
簡潔に述べるとコンビニの精力剤はあまり効果は期待できません。

コンビニで売っているような精力剤は以下のような理由からおすすめしません。

  • 精力増強成分は入っているものの、薄い
  • コスパが悪い
  • 使い切るしかない

コンビニで販売されている精力剤はマカやマムシなど、精力剤の成分としては有名なものが含まれています。
しかしながら、名ばかりが先行し、大切な含有量は薄いものが多いです。
それでいてほとんどの物が1本千円近くしますので、コスパも悪いと言えます。

効果のある精力剤の多くは定期的に錠剤を摂取するようなものが多いです。
定期的に摂ることで体を徐々に変えていきます。

コンビニにあるようなドリンクタイプの精力剤ですと一回で使い切るしかありません。
それにコンビニの精力剤の多くは強壮剤ですので、勃起薬のような効果も期待できないと言えます。

もしコンビニの精力剤で効果を出すために毎日飲むと月に3万円もかかってしまいますが、専門店などのネットで売られている商品であれば1〜2万円程度で済みます。

妊活に効果的な精力剤は?

不妊の約50%は男性側に原因があると言われており、もしも不妊にお悩みの場合は精力剤を摂取して栄養を蓄えた方が賢明です。
亜鉛やアルギニンは精子を作るのを助ける栄養素ですので効果が期待できます。

本来の機能を取り戻すためにも、妊活におすすめなのは強壮剤です。
きちんと精子を作り、健康に勃起するようにすることが大切です。

あとは普段の食事でしっかりとタンパク質を摂取するように心がけた方が良いです。
タバコやお酒は控え、ジャンキーな食事だけは避けるようにしましょう。

おすすめ

更新日:

Copyright© Reload+ , 2018 All Rights Reserved.